液中ターンバー  PAT.gif PAT.PEND.gif

液中ターンバー.jpg

構 造

  • 基本構造はパンチング型エアーターンバーと同一です。液槽内の液をポンプより加圧し、その水圧にて基材を浮上させ、
  • 液槽内に排出し循環使用されます。


特 長

  • 1、液中内で非接触にて張力測定可能(オプション)
  • 2、可洗浄型も有
  • 3、任意の抱角度で製作可能(0°〜 180°)
  • 4、極めて大きな荷重にも対応可能
  • 5、蛇行皆無
  • 6、平均且つ、安定した液中浮上が可能


用 途

  • ●各種基材の液中内での非接触搬送
  • ●液中非接触張力測定
  • ●液中非接触洗浄搬送


使用目的

  • 液中ターンバーは各種基材の製造、メッキ、洗浄ライン等の液中で基材を非接触搬送でき、
  • 酸、水、アルカリ等の液中での使用ができます。


概略使用方法

  • 従来使用しているガイドロールを、その軸受部に合致した軸形状の液中ターンバーに交換し、液槽内の液をポンプにて供給します。
  • その液をポンプにより増圧し、フィルターを通して液中ターンバーに供給します。
  • 液は、液中ターンバーの開口部より吐出され、各種基材を浮上させ、液槽内に排出し循環されます。


製作範囲 

  • ターンバー幅  100〜1000mm(可洗浄型の場合は150mm〜となります)/長さ:100〜5000mm
    材    質  SUS-304、SUS-316、チタン
    表    面  特殊パンチング型(可洗浄型も有)
    角    度  0〜180°


管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる画像や文章をなどの情報を無断転載することは、著作権侵害にあたる行為のため禁止します